描いた世界が現実に。

新年あけましておめでとうございます
もう2014年に突入してから17日が過ぎましたね
昨年は随分と省略されたブログになってしまいましたが
今回はあらためて、昨年制作した舞台の話を書いてみようかと思います
その時の公演写真と一緒にお楽しみ下さい。

昨年は本業のステージショーに出演する傍ら、
とある公演の構成を考えることに没頭していました



いつも我々ART FACTORYと提携してくれている
スタジオダルク309さんのダンス公演が行われるということで
主催の佐伯先生から出演依頼を頂いたことが話の始まりでした。



公演は全部で三部構成になっており、そのうち第二部を
ダルクとFEELのコラボコーナーとされていました。
オーダーの内容としてはトーク抜きで45分のショー。
通常はディナーの最中という事もあり、30分を基準に動いている我々にとって
全てを新たな演出で作り上げる事は時間的に不可能だと考えていた私でした。
でも今回は、佐伯先生のお力添えもあるという事ですし
せっかくの機会です、新テーマのプログラムを考えてみる事にしました。



1から考えることが出来るこのプログラムは
ある意味無限の可能性がありました
まずは、ダルク公演に足を運んで下さるお客様に
「面白かった!また観てみたい!」そう思って頂ける様になるには
一体どんな事をしたらいいだろう・・・



これまで数名編成のマジックショーの構成をしてきていても
ここまで大勢のダンサーさん達を動かすのはこれが初めての事。



ダンサーだった祖父母の元に育ちダンスが大好きだった私にとって
願ってもないチャンスでした。
とは言っても、まともに踊っていたのも振り付けをしていたのも
10年以上も前の事。
動きにも発想にもさっぱり自信がない私の背中を押してくれたのは佐伯先生でした。
素晴らしい機会を与えて下さった先生には感謝しきれません。

公演が終わった今となって思えば
マジック理論を知りながらのダンスの振り付けによって
今までに無い面白みに溢れた作品が生まれた気がします。



昨年一年間は、自分の中に眠るアイディアを掘り起こしては
ノートにひたすら描いてみたり、
この企画の事でずっと頭が埋め尽くされている感じでした。
きっと佐伯先生も同じ状況だったかと思います。
この公演をたった一人で何十年と続けてこられた先生は
舞台に人生を捧げていると言っても過言ではないでしょう。
私は、たったの一回でぐったりしてしまいました・・・^^;
本当に先生のパワーには圧倒されます



今回の舞台が成功に終わったのも全ては一緒に頑張ってくれた
キャストさん達あっての話です。
月数回しか顔を出せない私の振り付けを忠実に覚え
作品の精度を高めていってくれたキャストさん達。
一緒に舞台に立てて本当に楽しかった。
この舞台を終え総勢約30名のキャストと共にFEELは
また一つ成長することが出来ました。

終いに、写真データと共に思い出の詰まった舞台映像とメイキングが
一本のDVDになって届きました。
形に残るってこんなに嬉しいものなのですね。

形に残ると言えば、今回のコラボ企画のTシャツデザインも
任せて頂くこととなりました。



昨年一年が充実に溢れていたのは紛れもなくダルクさんの
公演があったからに違いないでしょう。

さて今年はどんな一年になるでしょうか。
一つ一つ楽しんでいきたいと思います。

コメント
良い話です。

努力ってさ、必ず誰かとリンクして良い結果をプレゼントしてくれるんだよね(^^)

とにかくおめでとう!

  • K一郎
  • 2014/01/31 8:56 PM
K一郎さん

嬉しいお言葉をありがとうございます^^

毎回、思いが詰まったブログになってしまい
書きたい話になるとつい長くなります

こうなると頻繁の更新は難しいものです
マイペースではありますが、これからも
写真と合わせてお楽しみ頂けるような
コーナーにしていきたいので、たまに
チェックしてくださいね^^

  • SAKURA
  • 2014/02/05 11:39 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM